忍者ブログ
日々の盆栽・山野草&鉢作りを綴ります。 実生・挿し木から、いつの日か盆栽を目指し楽しみながら毎日を過ごしています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

盆栽人は、芽切りに忙しい頃かと思いますが・・・

壱興さんに教えていただいた電動ろくろ
感覚忘れる前に、やっておかなくては!っと(笑

仕舞い込んであった電動ろくろの掃除から

作業前の写真撮り忘れましたが
この電動ろくろ、いただいた時からドベ受けがありませんでした。

ドベ受けを買おうかな?っと検索してみたら
5000円~8000円するみたい

主人に相談したら、桶で似たようなの作れるかもよ?っと天使の声♪

とりあえず、釉薬を作る時に使っている桶があったのでその桶を使って試作品


電動ろくろのドベ受け自作で~す



回転テーブルを外したところ

 









桶に開ける穴の目印を付けているところ











カッターで切っていきます
中古の桶だったので、少し硬くなっていて割れないように慎重に











無事に穴が開きました
カッターで切ったバリはサンドペーパーで滑らかにし

ドベ受けを固定する役目に、ゴムチューブを準備











ゴムチューブに切れ目を入れ











開けた穴にチューブ装着











電動ろくろに合わせてみます
イメージはバッチリですが、これでは作陶出来ません(笑











回転テーブルを外し、作陶し易いよう桶を加工していきます

掃除の際の取り外しも考慮し、穴を少し大きくし
作陶する際、手の邪魔になる部分をカット











カット終了











もう一つ大事な穴を開けます











回転テーブルを固定するネジを回す大事なメンテナンスの穴です
使う時は、外側からガムテープで塞ぎました










回転テーブルもセットし、自作ドベ受けの完成で~す♪











早速電動ろくろ始動でっす!

ホースに切れ目を入れ、手が痛くないように保護

途中で気付きましたが、ろくろの回転が逆だったようです(笑











どんなふうに挽けてるか?断面図でチェック(笑











今日は一つも形には出来ませんでしたが・・・
めっちゃ楽しかったです♪











水分多く含んだ粘土は、アーチ型にし
練り頃になったら土練りします











2015年7月20日 電動ろくろ記念日です♪

試作品と言って作り始めたドベ受けでしたが
出来上がってみたら、バッチリでした!
壊れたら、新品桶で作ってもらお~っと













オマケ


名古屋めし

味噌カツ








味噌おでん





名古屋めしブームはまだまだ続いていま~す♪











PR
窯出しの時、支柱が落下してしまいました

棚板を持ち上げた時、裏に張り付いてしまっていたようです

あぁ~・・・っ
支柱が入ってる鉢と、左の薄い鉢、押し出された手前の鉢3つは割れたなっと






支柱を取ってみたら、三鉢共割れていません

あれ?めっちゃ運が良かった!

支柱が張り付く事があるんだ・・・今後気をつけなきゃ!

あぁ~良かった!良かった!!っと

そして、それぞれの鉢の写真を撮っている時

え?何でコレ割れてるの?っと(下の写真)

そこで、やっと気付いた上の写真の右の鉢 中に破片も写ってます(笑

思い込みって・・・ほんとどうにもなりませんね







どうやら、この鉢が支柱を受け止めたようです









そして、前回の焼成で下の紺色っぽい鉢と黄色の鉢の口元に
白いのが付いているんですが
棚板の裏から垂れ落ちる事なんてあるのかしら?っと思いつつ
爪でカリカリとやってみたら取れたのであまり気にしていませんでした

そのツケが今回の支柱落下






垂れた棚板の裏をペーパーで綺麗にし

次の焼成で同じ失敗をしないように・・・














鯉のぼり、無事に焼けてほっとしました

焼ける前の鯉のぼりはこちらから

しか~し・・・薬の副作用で薬物性肝障害になっちゃって(汗

この春から徳樹会への復帰を考えていたんですが
ちょっと無理かな?っと
弱気になっているところです

まだ保留にしてもらっているので、18日の例会までに決めなきゃです(汗


さぁ~さぁ~暗い話はこの辺で

徳樹会春の展示会は
5月3日~5日北九州農事センターで開催されます

復帰出来れば、焼けた鯉のぼりを使って展示席を考えたいなぁ~っと思っています


焼けた鯉のぼりです

目玉は上絵の具の黒を本焼きの時に一緒に塗ったので
焼けるまで色がどうなるのか?
ぶくぶくになったりしないのか?っととても心配でしたが・・・
無事に塗ったままの状態で焼きあがりました










吹流し

一般的な吹流しの色は 「青・赤・黄・白・黒」

木=青 ・ 火=赤 ・ 土=黄 ・ 金=白 ・ 水=黒 を表現しているそうです

しっかりした意味がある 5色(ごしき)ですが

持っている釉薬で「青・赤・黄・白・緑」となりました











この鉢の色で↑の吹流しが出来ています





















茅舎 色んなサイズを作りました





















葉っぱ











厚さを色々試しました






















落ち葉が丸まっている雰囲気が出たらなぁ~っと












































板物

































うす~い粘土を張り合わせました























  Admin   Write
ブログ内検索

最新コメント

[05/14 風太郎]
[05/02 にっしー]
[01/18 にっしー]
[01/18 にっしー]
[01/16 にっしー]
カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
P R

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]