忍者ブログ
日々の盆栽・山野草&鉢作りを綴ります。 実生・挿し木から、いつの日か盆栽を目指し楽しみながら毎日を過ごしています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

七輪補修した記事はこちらから

十分に乾かし、今年初の七輪陶芸です

上の缶は籾殻が入っています

ボーーーっと絶好調な感じで初焼き順調に進んでいます








焼きたてはこんな感じ








取り出して直ぐの あっつあつな感じ伝わりますか?

茅舎のランプみたいできれ~でしょ?(笑)









冷ました七輪補修あとはこんな感じで
新しい補修箇所は色が薄いので直ぐ分かります







↓↓↓ アップで見てみると ↓↓↓







繰り返し焼成する事で どんどん上から自然釉がかかり
また丈夫な七輪になってくれるのか???

ただ・・・どんどん焼くスペースが狭くなっているし
焼いていても いつ爆発するか!?っと ドキドキしてるのも事実(笑)

大怪我する前に買い換えた方が良いのかなぁ~
なんて言いながら使い続けてそうな私が居ます(笑)









茅舎のランプが冷えると・・・カッチカチの焼き物に変身



















PR
七輪陶芸の七輪は、数十回の焼成で買い換える消耗品かと思っていました

少しでも長持ちしたらなぁ~っと
焼き始めて4回目の焼成後に一度目の補修をしました
その時の記事はこちらから

一度目の補修が2011年の2月
それから、2年と10ヶ月・・・数えてないのですが150回以上は焼成に耐え続けている七輪

次は、大きいサイズの七輪を買おう!っと思っていたものの
使えるのに買い換えるのはもったいないので使い続けていました(笑)

今年最後に七輪陶芸しようと思っていたんですが雨が降っちゃって・・・
それならば!っと ボロボロに疲れ果てた七輪の補修をする事にしました♪



下の段の七輪





結構深くクラックが入っているのですが・・・焼成の度自然釉がかかるのか?
割れてしまわずに焼成に耐えています!






外側 下の段は結構綺麗なもんです












上の段の七輪








天井部分にまで自然釉が掛り、焼きついています








深いクラックですが、こちらも自然釉のおかげなんでしょうね♪








外側・・・こちらは疲れ果てボロボロになっている様子

特に、火がでる部分は直ぐに焼け落ちてしまいました。








↓↓↓ 火が出る部分の焼成の時の様子はこんな感じです ↓↓↓







七輪をゆっくり温めたり、蒸らしたり、風量の調整等 必要な部分なので

こんな取り外し可能な蓋を作りました


上から見たところ








閉じたところ








こんな感じでずらし、風量調整 全開の時は外してしまいます














七輪の補修です

準備したのは、道具土とヘラ








クラックの奥までしっかり塗りこんでいきます








丁寧に・・・ヘラで押し込むように








この後、軍手など使いながら押さえていきます








下の段の七輪に 道具土を塗り終わったところ








同じように上の段の七輪にも繰り返し
























ゆっくり、しっかりと乾かし
次の七輪焼成の時に焼締め 補修作業完了です♪



七輪ってそんなに丈夫なのか? 運が良いだけなのか?

七輪陶芸はほんと~にコストも安く 面白い鉢もたくさん焼けてオススメです











忙しくバタバタとした1年でしたが、無事に年が越せそうです♪

来年はもっと鉢作りや盆栽のお手入れに
時間を作れたら良いなぁ~っと思っています!



みなさん、お世話になりました~

良いお年をお迎え下さい☆



















七輪陶芸鉢です



左 テラコッタ  右 黒泥










左 万古  右 唐津






































































思いもしない失敗・・・欲深さからの失敗・・・などなど

七輪陶芸の失敗は続きます


今回の失敗は火ぶくれ

耐火温度超えしたか?成型の際空気が入っていたか?
この鉢を見る限り・・・たぶん耐火温度超えが原因かな~?っと思っています







鋲打丸鉢です!っと言いたいところですが・・・
残念な事に火ぶくれなのです(涙)

粘土は万古
































盆碁さんへ







七輪陶芸の失敗で一番多いのは 冷め割れかな?

七輪から出した時は良い感じなんですが、冷却中にいや~な音と共に割れちゃいます


今回は焼成中の失敗です

七輪からの炎がとても良い感じだったので いつもより長めにエアを送りました。

どんどん良い雰囲気の炎が出てくるので 更にエアを送り・・・


ぽん っと弾くような音


我に返った時は・・・遅かったです


この鉢なんですが・・・赤い矢印のところがぱっくり割れています











こんな感じです 最後の最後に割れちゃいました
欲張らず、少し手前で七輪から出せば、何か植えれた はず・・・










面白い表情が出てたのに・・・残念でした






上は テラコッタ くり抜き 七輪陶芸鉢

下は テラコッタ 手ロクロ 電気窯で酸化焼成 焼締め鉢








同じテラコッタで成型しても
施釉、焼成方法・・・色んな顔になり陶芸は面白いです












  Admin   Write
ブログ内検索

最新コメント

[05/14 風太郎]
[05/02 にっしー]
[01/18 にっしー]
[01/18 にっしー]
[01/16 にっしー]
カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
P R

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]