忍者ブログ
日々の盆栽・山野草&鉢作りを綴ります。 実生・挿し木から、いつの日か盆栽を目指し楽しみながら毎日を過ごしています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5回目の七輪陶芸です。

前回、道具土で七輪補修したんですが・・・
七輪陶芸の大先輩!千令さんも通った道だったようで!
(詳しくは千令さんのブログで「補修」で検索してみて下さいね)

さぁ~でもやっちゃったもんは仕方有りません(開き直りです)

道具土をよ~く乾燥させた様子

11021701.jpg

焼成後の様子

11021702.jpg

おやおや~?一見上手く行った?って思わせる七輪内側の様子ですが

外側には・・・大きな亀裂がパッキ~ンっと

11021703.jpg

結論から言いますと・・・
道具土補修も悪くは無いのかも知れませんが・・・
補強すると、その直ぐ側が悪くなる感じです。

焼成中外側にパキパキ~と亀裂が入るのを見ていて
これや!千令さんが書いていたのはこの事や!っと
怖々内側を見たら・・・表面上は上手く行ったかの顔をしていますが
さぁ~、6回・7回っと焼き進めて行くうちにどうなる事やら?って感じですね(笑)

七輪補修は!道具土よりコルセットですね。

 


さぁ~5回目の焼成です。

11021704.jpg


 


途中写真無で、焼き上がりです(笑)

11021705.jpg

 



11021706.jpg

 



11021707.jpg

 



11021708.jpg

 



七輪で焼いた鉢は、写真で見るより実物を見て欲しいって
そんな気持ちになる焼き色なんです。
上手に作れてなくても・・・それすら味になる?(自分で言うなって)(笑)

七輪の神様が応援してくれるって感じですかね♪


 



2/18 みみずさんへ 粘土の様子です。
削れるかは・・・明日チャレンジします(笑)


11021800.jpg




 
PR
七輪陶芸の七輪が消耗品って事は
千令さんの記事等でも知っていました・・・が!

結構バキバキに割れて行くんですよ~(汗)
無駄かも知れませんが、道具土で補修してみましたよ。

まず、下として使っている七輪
(4回の焼成後の様子です)

バキバキに割れてきていますが・・・
自然釉?が綺麗な感じです。
登り窯の中に入った時に見た壁の雰囲気です(おい!一緒にするな!)


11020901.jpg


↑ 自然釉が付いている部分は炭がガンガン燃える部分
ピンクっぽいところは、送風するスペース部分
付属の皿を置いて、境目になります。

 



↓ あっぷです 結構深く割れ込んでいます。


11020902.jpg


 



道具土で補修したところ
なるべく厚くならないように・・・割れた部分に塗り込む感じにしました。


11020903.jpg


 



そして、蓋として使っている七輪


11020904.jpg


補修後


11020905.jpg


 



どうかな?七輪の補修・・・道具土でOKなのか?
道具土も収縮するでしょうから重ねて塗る込む感じになるのかなぁ~っとか
焼いたらボロっと落ちちゃったりして~っとか
色々想像しております(笑)

4回の焼成で、この破損状態です。
道具土で補修して、何回位寿命が長くなるのかは不明です。
その辺りも、経過報告して行きますね~





 
4回目の七輪陶芸です。

前回、鉢に鉢がハマって割らないと取り出せないっと言う失敗をしました。
今回、防げるかどうか?網が持つかどうか分かりませんが
七輪に付属されていた網をの上に鉢を乗せて焼いてみました。

 


付属の網を乗せたところ


11020701.jpg


 



七輪サイズにカット


11020702.jpg


 



鉢を乗せ、焼成開始!


11020703.jpg


 



4回目の焼成で、上蓋用の七輪にヒビが!!


11020704.jpg


 



蓋を開けたところ
予想通り?網がザルのように丸くなって落ち込んでいます(笑)


11020705.jpg

 



ここからは・・・予想外の出来事の連続でした(汗)

鉢と網が思った以上に引っ付いて取れません
まだ温度も高いので振り落とすかのように網と鉢を引き離し・・・
いつもと同じように取り出し、地面に置いたら

パキパキパキ~~っといつもと違う音がします(涙)
いつもの音は、チ~ンとかキ~ンとかチンチン~っとか・・・


一見上手くいっている用に見えるこの鉢


11020708.jpg


パキパキ~っと嫌~な音と共に割れてしまいました。


11020709.jpg


 



この2つも上の鉢程ひどくない物の・・・ヒビが入りました。


11020710.jpg


 



そして今回無事だった2つの鉢です


11020706.jpg


底には、網模様が・・・焼印されていました(笑)


11020707.jpg


 


詰め込み過ぎないで、いつもの焼き方に戻した方が良いみたいですね(汗)

さぁ~次の焼成も頑張るぞ~っと!!





 
三回目の七輪陶芸で~す♪

この鉢の中に、1つ鉢がハマってしまい・・・
取り出す際に割れました。
っと言うか、どちらかを割らないと取り出せませんでした(涙)


11020601.jpg


割れちゃったのは悲しいですが・・・
なかなか割って見ませんので、断面図をご紹介です(笑)


11020602.jpg


 



三回目の出来上がりの鉢です。

この左が、今回の一番お気に入りです♪


11020603.jpg

 



左の鉢が、割れた鉢にハマっていた物です。


11020604.jpg

 



釉薬を掛けて電気窯焼成予定の鉢でしたが
意外と七輪も面白いかも?っと焼いてみました。

どうですか?結構良い感じじゃ~無いですか?

しかし・・・七輪陶芸用に作るなら
足がもっとぽってりした感じの方が似合いそうな感じがします。
どう思いますか?


11020605.jpg

 



これも結構お気に入り♪
去年の実生黒松を植える予定で~す!


11020606.jpg

 



山野草?もしくは赤松の寄植え?
赤松の寄植えだったら・・・足があった方が良かったのかな?

どうでしょう?今回は山野草鉢の方が良いですかね?


11020607.jpg






 
午前中は雨が振り、やっぱり昨日七輪陶芸やってて良かったっと
昼過ぎから、雨も止み ちょっと晴れ間も見える感じ。
焼き始めから2時間程度で終了する七輪陶芸!
昨日の感覚を忘れないうちに、なぁ~んて言いつつ
第二回目の七輪陶芸決行でっす!(ハマリ過ぎ?)(笑)
 


一回焼いた後の七輪の様子
結構、高温になっていたと思われます。

11010901.jpg

 


再利用の炭を先に入れ火を点けます。
消し炭は、火が点くのも早いので便利ですね。

そして、鉢を入れていきます。
昨日は、重ねて焼きませんでしたが
今回は、この大きさの七輪で12個の鉢を焼いてみます。

11010902.jpg

 


昨日と焼き方を変えた部分は

千令さんにアドバイス頂いた 「吸気口を少しだけ絞って送風を行うようにする」

焼きあがって、蓋を取った時の様子。

11010903.jpg

 


さぁ~今回の焼き上がりです♪
今日は主人も一緒に焼きましたので、主人の鉢から

11010904.jpg

 



11010905.jpg

 


このようにしっかり自然釉が掛かったものもありました。

昨日のように、底に強く釉が掛かる事無く
思ったように焼けてくれました。

千令さん、アドバイスありがとうございました。
大成功でございましたよ~♪

11010906.jpg

ここまで主人作です。
 


そして私の鉢、今回の一番お気に入りです。

11010908.jpg

 



11010909.jpg

 



11010907.jpg

 


同じ鉢の角度違いの写真です。
(クリックで大きくなります)

11010910.jpg

 


昨日は、かなり興奮していて
煙も匂いもほとんど無いって書いたんですが
改めて煙、匂いを中心にしっかりチェックしましたら

送風を開始する前に、吸気口を開いた時に少し煙が出ましたね。
高温になったかな?っと感じてからは煙は全くと言って良い位出ません。

匂いは、焼いている時よりも消し炭作ってる缶の方が匂うかも
無理に消し炭作らないか、消壷を購入するかした方が良いかも?
私は、さほど気になりませんので、缶で消し炭でOKかなっと


あぁ~~~それにしても・・・なんて楽しい七輪陶芸♪

近いうちに、3回目UP間違いないです(笑)





 
  Admin   Write
ブログ内検索

最新コメント

[05/14 風太郎]
[05/02 にっしー]
[01/18 にっしー]
[01/18 にっしー]
[01/16 にっしー]
カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
P R

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]