忍者ブログ
日々の盆栽・山野草&鉢作りを綴ります。 実生・挿し木から、いつの日か盆栽を目指し楽しみながら毎日を過ごしています。
[77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

玄海黒松 軸切挿し 肥培比較 第一回目です。

比較開始したのは、7/20の事です。


肥料の崩れや、松の成長にも大きく変化の出るであろう
水遣りの回数は、一日3~5回です。
(この実験に対しての回数です)

 



ナフコ玉肥が、交換時期となったようです。
形も崩れ、ハエ等の虫も少なくなり
手に取り、匂ってみると・・・
少し前まで、くさっ っと鼻を突くような臭いが薄らいでいました。

交換時期がいまいち掴みにくいと感じていた玉肥・・・
臭いや、虫でも判断出来そうな感じです。

同時進行で、数種類使って気が付いたのですが

初日からナフコ玉肥には虫がたくさん止まり
2日もするとマルタ玉肥にも虫が止まり
1週間位で強力玉肥にも虫が止まり始めました。

特にナフコ玉肥とマルタ玉肥には
ハエや小さいゴキブリが多いようでした。

バイオゴールド&IB化成には虫無しです。

あっそうそう、なんと初日にナフコ玉肥を
鳥が持っていってしまいました。
餌じゃないのに~!


そして、10日位で、ナフコ玉肥に虫がほとんど来なくなりました。
まだその時点では、臭いは有り
スカスカまではなって無い感じでした。

今日で、13日目だったのですが
匂ってみると、ほぼ つ~んとした臭いが無く
ぼろっっとした感じになって、スカスカでした。

なのでナフコ玉肥を交換する事にしました。

各肥料 12ポットずつの比較をしているのですが
ナフコ玉肥を交換する時に、IB化成以外の肥料も
半分の6ポットを新品に交換してみる事にしました。
残りの6ポットは、それぞれの交換時期かな?
っと思う時に交換して行こうと思います。





バイオゴールド

c74ceab3.jpeg

↑ 7/20 ↑  ↓ 8/2 ↓ の様子

25675ccb.jpeg




強力玉肥

bec4a17d.jpeg

↑ 7/20 ↑  ↓ 8/2 ↓ の様子

583a843d.jpeg




マルタ玉肥

e0498a32.jpeg

↑ 7/20 ↑  ↓ 8/2 ↓ の様子

d65c684e.jpeg




ナフコ玉肥

84f146e9.jpeg

↑ 7/20 ↑  ↓ 8/2 ↓ の様子

97c8fe65.jpeg




IB化成

9aa4f8ad.jpeg

↑ 7/20 ↑  ↓ 8/2 ↓ の様子

6dcce711.jpeg




全体の感じ

左 強力玉肥料 ・ 右 バイオゴールド


f2bd5fc0.jpeg

↑ 7/20 ↑  ↓ 8/2 ↓ の様子

d3405ee8.jpeg




左 ナフコ玉肥 ・ 右 マルタ玉肥

fbee5f86.jpeg

↑ 7/20 ↑  ↓ 8/2 ↓ の様子

1ae1fb20.jpeg




IB化成

1ac97ca4.jpeg

↑ 7/20 ↑  ↓ 8/2 ↓ の様子

e1cf8004.jpeg



IB化成基準の混合分

f4077cda.jpeg

↑ 7/20 ↑  ↓ 8/2 ↓ の様子

003537ca.jpeg




肥培開始、13日目なので
特別に、この肥料が良いとかはまだ無い感じですが
バイオゴールドの葉色が一番良い感じです。
写真じゃ判りづらいですね・・・(汗)

成長期でもあるので、全体的に葉も肉厚になってしっかりしてきています。





臭いだけで言えば

一番臭いナフコ玉肥 → やっぱり臭うんだ強力玉肥 → 普通に臭うマルタ玉肥

バイオゴールドは、一度水を掛けたら不思議と臭いが消えます。
もちろんIB化成は臭くないですよ。

強度では・・・
崩れやすい順に

ナフコ玉肥

直ぐ、ボロボロになり・・・3日目には使用中止しようか?っと思った
ナフコ玉肥!でも・・・ある一定まで崩れたら
そこからが変化無の感じで、何とか持ち堪えました。

バイオゴールド

強力玉肥よりも少し崩れやすいかなって感じです。

強力玉肥

以外だったのが、強力玉肥・・・
バキバキっと中から割れるような・・・
表面にも大きなひび割れのようになりました。
割れた頃から、臭いがきつくなり始めました。

マルタ玉肥

そして!びっくりしたのが・・・
マルタ玉肥です。
一番、そのままの形状でした。
普段は茶袋に包んで使用していたので・・・
ここまで、形状を保つとは!予想外で!やるじゃん!
マルタ玉肥って感じです(笑)

IB化成

さすがといった感じで
これだけ水遣りしてもほとんど変わりなしです。


全体の写真で、7/20の使用開始日分の写真は
一度も水を掛ける前の写真です。

全体写真で見ても、マルタ玉肥が形状を一番保っているのが分かります。

効目の経過は・・・まだまだ先になるでしょうが
臭い・もろさ・虫・・・この3点は少し分かってきましたよ~。

そうそう、この実験を始めた時に
グリーンキングとバイオゴールドが良いですよっと
教えてくれた方(Yさん)がいらっしゃいました。
その方も、お仲間と三年間肥料実験をされた結果だとの事

グリーンキングか・・・っと思いつつも

会長ご自身は使っているのですが、グリーンキングは効目が強くて
ちょっと使うの難しいかも?ってアドバイス頂いていたので
少し肥料を理解してから・・・
次回検討しよう!っと思っていました。

しか~し!
たった13日の結果ですが・・・
バイオゴールドの葉色の違いには驚いたので!

Yさんの一番のお勧めは、グリーンキングとの事・・・

取り入れて比較して行こうかと考えています。

どのような内容で取り入れるか
検討してまた経過を報告して行きますね♪




 
PR
  Admin   Write
ブログ内検索

最新コメント

[05/14 風太郎]
[05/02 にっしー]
[01/18 にっしー]
[01/18 にっしー]
[01/16 にっしー]
カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
P R

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]