忍者ブログ
日々の盆栽・山野草&鉢作りを綴ります。 実生・挿し木から、いつの日か盆栽を目指し楽しみながら毎日を過ごしています。
[78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鉢作りの道具を紹介します♪

手ロクロ 25㎝のもの

108007f1.jpeg



鉢底に穴を開ける道具 色々

水道の部品 ・ ゴルフのシャフトを切った物 ・ ドリル 等・・・
丸いもので、色んなサイズを揃えています。

271145bd.jpeg



削る道具

右2本は、車のワイパーのゴム交換の時に
中に入っているステンの板状の物を加工して作りました。

左のは、ピアノ線を使用
粘土がまだ生っぽくて削るタイミングがちょっと早いか?って時
使うと、便利が良かったので・・・

持ち手は、お箸とか、ホームセンターの丸棒を使用し
針金でグルグル巻きにして、2液の接着剤でがっちと留めました。
ぐらぐらしないようにしっかりと・・・留めましょう。

87380c8f.jpeg


こちらは、鋸刃を使用
10枚で100円位でホームセンターに売っています。
ガスバーナーで焼きを入れて作りました。
焼きを入れた後に、研いで刃をつけています。


4f7d82c2.jpeg



同じく、鋸刃使用の 飛びカンナ

ac163f88.jpeg




布団針使用
持ち手は同じく、丸棒使用

3b080df7.jpeg


ヘラ

使わなくなった定規と、竹を削りました。

8c365023.jpeg



落款

会員kawさんが石を彫って作ってくれました。

左 主人用に「樹山」
右 私  用に「子春」

39506671.jpeg


d31adac6.jpeg



↑の道具達を使って、桶風?山野草鉢を作ってみました。

まだ素焼き前ですが・・・

唐津粘土の荒赤で作ってみました。
サイズ違いを幾つか作ったので、上手く焼きあがったら
鉢研メンバーにプレゼントする予定です♪

337330be.jpeg



そして、絵鉢の特訓ですが・・・

この間の鉢研の時、会員kawさんが絵をレッスンしてくれるとの事

スケッチブックと4Bの鉛筆、筆ペン持って行ったのですが・・・
直接鉢に描いてごらんっとの事

素焼き済の鉢が無い事を伝え、
それじゃ~っと紙に描いてみる事になったのですが・・・

う~ん・・・やっぱり直接描いた方が良いよ

うんぬん・・・色々な会話の後
次回の鉢研までに、
素焼きを終わらせた鉢を持参する事に決りました。

素焼き前でも、絵付けは可能なのですが
移動や、なんやで今までに破損した例も少なくないらしく
鉢研に持参する鉢は、素焼き後・・・っと
何となくのルール?みたいなのがあるのです。

直接鉢にって・・・
どうしよう?って感じですが、やるしか無いのでやってみます(汗)

そんな会員kawさんに絵付けをお願いしていた鉢です。
まだ本焼きしていないので、呉須の発色どうだろう??

1dcd7a1e.jpeg



これなんでしょう?

fdb1fc1e.jpeg


答えは・・・

掛け軸に使う軸先だそうです。
このまま焼締めして欲しいとの事!
どんな軸先に出来上がるのかな~?こちらも楽しみ♪





PR
  Admin   Write
ブログ内検索

最新コメント

[05/14 風太郎]
[05/02 にっしー]
[01/18 にっしー]
[01/18 にっしー]
[01/16 にっしー]
カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
P R

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]