忍者ブログ
日々の盆栽・山野草&鉢作りを綴ります。 実生・挿し木から、いつの日か盆栽を目指し楽しみながら毎日を過ごしています。
[335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330]  [328]  [327]  [326]  [325]  [324
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


少しですが、自作の釉薬を作って発色テストをしています。

数年前 知り合いから、桜島の火山灰いる?っと聞かれ
釉薬に出来るかも?っと頂きました。

陶芸ショップに聞いてみたら、とっても良い黒の釉薬が出来ますよっと

基礎の配合を2パターン教えてもらい 作ってみました。
(火山灰の比率が 30% と 50%です 今は50%1つに絞りました)

黒とは程遠かったのですが、薄掛けしたり 掛け合わす事で面白い釉薬が出来ました。

この間の焼成で、火山釉が少なくなったので補充しました。




とてもシンプルな配合で、長石 土灰 火山灰 だけです

長石 30%  土灰 20% 火山灰 50%

12091201.jpg




必要な分量をそれぞれ量ります

12091202.jpg



混ぜていきます

12091203.jpg

 


2回位漉します
(釉薬の種類によって 漉す回数を変えています・・・だいたいなんですけどね)(笑)

12091204.jpg

 



出来上がりはこんな感じ
沈殿するので、使う前に良く攪拌 若しくは 上のように漉して使います


12091205.jpg

 



粘土 テラコッタ  ・  粉引化粧泥  ・ 釉薬 火山釉

左) 全体に水を含ませ、火山釉を薄掛けしました。


12091206.jpg


 




白マット釉
配合 (珪石20% 長石50% 石灰15% カオリン3% 炭酸バ リウム7%)
白マット釉2パターン作っていましたが 今は上の配合に絞りました。

最近、白マット単体で焼いた鉢が無かったので昔の写真です

粘土 テラコッタ  ・  釉薬 白マット釉 (2010年1月の写真)

12091207.jpg


 



釉薬も色んな種類が売っていて、ついどんどん増やしてしまいたくなります

まずはシンプルに、透明釉をベースに呉須等を混ぜるなど・・・

配合や、微調整で色んな風合いが出せるので
自作釉薬も面白いですよ~(気が遠くもなりますが)(笑)

市販の釉薬は、聞いても詳しく配合を教えてくれることはありませんが
掛け合わせて釉薬の性質を見ていくのも面白いなぁ~っと

ちょこちょこですが、これからも色々実験して気に入った発色を発見したいです!









 

PR
  Admin   Write
ブログ内検索

最新コメント

[05/14 風太郎]
[05/02 にっしー]
[01/18 にっしー]
[01/18 にっしー]
[01/16 にっしー]
カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
P R

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]